いらっしゃいませ♪

人気ブログランキングへ

自己紹介

ケロ太

Author:ケロ太
2014年の春、本州の真ん中から北の大地へ。
会社員の妻から自営業に!の、予定。。。
とりあえずパートやバイトで生活中。
今年こそ、開業の地をみつけたい!と思いつつ地味にいろいろ準備中。
以前のブログ
http://mitikusakorota.
at.webry.info/
も、よろしければ覘いて
みてくださいね。


閲覧累計


検索フォーム


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


最新コメント


カテゴリ


1日1クリック!

クリックで救える命がある。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死生観。

部屋の中に吹いてくる風が、熱風ではなくなってきたものの、湿度が高めで
ちょっと不快。。。
でも、あと2ヶ月もすれば、すっかり涼しくなってるんだろうなぁ。


ところで。
たいそうなタイトルですが、ここで私の死生観を語る。。わけではありません。
もともと、あまり深刻に悩むようなタイプではないので、
「自分は何のために生きているのか?」
とか、
「死んだらどうなるのか?」
なんてことで悩んだことは、記憶している限り無いのですが、北海道の行き帰りの
フェリーの中で読んだ本の中で語られる“それ”は、私の心にストンと落ちました。

  西の魔女が死んだ      梨木 香歩(新潮文庫) 

ちょっとホロリ、でも読後感はスッキリ爽やか~♪ みたいな内容。(あくまでも
個人的な感想です)
ずいぶん前に出版されたものですが、映画化されたころ(4年前)に初めて知り、
気になりつつも映画も本も結局は観たり読んだりせずに過ぎていました。
そして、つい最近。
時々覗く、ある方のブログで紹介されていて、読んでみたいと思っていたら、つい
この前、フェリーに乗る前に立ち寄った本屋さんでみつけて即買いしました。

詳しくは書きませんが、主人公の女の子の感情や、悩み。
主人公のおばあちゃんの考えや、言動。
どれも、大いに納得、共感できることばかりでした。
「人間は死んだらどうなるのか?」
という純粋な疑問や、漠然とした恐怖も、これからは、穏やかな気持ちで向き合う
ことができそうです。
ま、いざとなると、オロオロしたり、落ち込んだり、悩んで悩んでスッキリしない
日々が続いたりするのかもしれませんけどね。(^-^)

そうそう、この本を読み終わった後に、フェリーで見た綺麗な夕日。
20120819夕日
いつもよりも、心に沁み込むような感じがしたのは気のせいでしょうか?

関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerokeropikki.blog.fc2.com/tb.php/142-f3dd9a48

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。