いらっしゃいませ♪

人気ブログランキングへ

自己紹介

ケロ太

Author:ケロ太
2014年の春、本州の真ん中から北の大地へ。
会社員の妻から自営業に!の、予定。。。
とりあえずパートやバイトで生活中。
今年こそ、開業の地をみつけたい!と思いつつ地味にいろいろ準備中。
以前のブログ
http://mitikusakorota.
at.webry.info/
も、よろしければ覘いて
みてくださいね。


閲覧累計


検索フォーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


最新コメント


カテゴリ


1日1クリック!

クリックで救える命がある。

山口旅行

梅雨入りしたはずなのに、天気予報はころころ変わり、雨の少ない
ここ2週間とちょっと。
台風が来る!?と驚いていたら、結局それもなく、ここ数日は
雨が降りそうで降らない、でも、ひたすら暑い日が続いています。
ブログも書こう書こうと思いつつ、以前ここでもちょこっと書いた
“片付けスイッチ”がONになりっぱなしで、なかなかブログにまで
気が回りませんでした。
昨日、やっと家じゅうの片付けがひと通り終わり、やれやれ。。という
状態です。

さて。
言い訳はそれくらいにして。。。
先週、母と萩や秋吉台などを巡る山口旅に行ってきましたが、
その時にデジカメで撮った写真を、少しアップしますね。

まずは、不思議な景色の秋吉台。
秋吉台⑩
秋吉台のエリアだけ、ずっとこんな感じです。
この日は雲が多かったのでマシでしたが、晴れた日は日陰がほとんど
無さそうなので、長時間歩くのは辛そう。。。

そして、この秋吉台の地下に広がっているのが秋芳洞。
当然、明るい場所ではないので、写真を撮るのに一苦労でした。
そのなかでも、わりとまともに写ったのがこちら。
秋芳洞 百枚皿②
棚田のようになっている“百枚皿”です。
実際は500枚くらいあるんだとか。


その翌日に訪れた瑠璃光寺五重塔。
瑠璃光寺五重塔④
室町時代中期に建立されたものだそうで、国宝に指定されています。
バランスの良い美しい姿で、思わず見惚れてしまいました。

で。
その同じ敷地(になるのかな?)にあった面白い木。
瑠璃光寺 サルスベリにマツ
よーーーく見ると、別の種類の木が一本になってるのが分かりますか?
下がサルスベリ、その途中から松の木が伸びています。
滑らない。。ってことで受験生に喜ばれているとか。。。


お天気にも恵まれ、いろいろと見て回ることができ、少しは親孝行できた。。
かな? *^^*
日本中、まだまだ行ったことや見たことのない所がたくさんあることを
実感した旅でした。

関連記事

コメント

瑠璃光寺五重塔、趣きありますね。
周りの景色と溶け合っていつまでもそこに
いたくなるような。

秋吉台もいつか行ってみたいところです。
自然のなせる業は本当に想像を越えますね。

お母様と楽しい旅をされて良かったですね^^

2013-06-14 21:10 | こむぎ #- URL [ 編集 ]

萩、秋吉台、山口の記事を楽しく拝読しました。
お母様と水入らずの旅、とてもいいですね。
昔行ったことのあるところなので、なつかしいです。
もっともレンタカーでなく、てくてくでした。
今はもう歩く自信はなくなりました。
2013-06-15 07:45 | エフ・エム #VA0ML.Zc URL [ 編集 ]

*こむぎさん*

そうなんです。
ただ、古くて貴重というだけではなく、まさに
cool!!って感じなのです。
拝観料なども不要で、でも庭の隅々まで手入れが行き
届いていて、本当に居心地の良い空間でした。

秋吉台・秋芳洞も、機会があれば、ぜひ訪れてみてください。
でも、やはり秋吉台は涼しい時期に行かれることを
オススメします。^^
2013-06-15 18:03 | ケロ太 #- URL [ 編集 ]

*エフ・エムさん*

母との水入らず旅は、楽しいやら疲れるやら(笑)でしたが、
よい思い出になりました。^^
山口は今まで訪れたことがなかったのですが、思いのほか
見どころ盛りだくさんなうえ、行くまでにも時間がかかるので
2泊3日でも時間が足りないくらいでした。
街はどんどん変化しますが、秋吉台のような自然の情景は
ずっと前から、あまり変わっていないのでしょうね。
ずっと先の将来に、もしも再び訪れるチャンスができたら、
いつまでも変わらないものの良さを満喫してみたいです。
2013-06-15 18:11 | ケロ太 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerokeropikki.blog.fc2.com/tb.php/276-849a821a

 | ホーム |