いらっしゃいませ♪

人気ブログランキングへ

自己紹介

ケロ太

Author:ケロ太
2014年の春、本州の真ん中から北の大地へ。
会社員の妻から自営業に!の、予定。。。
とりあえずパートやバイトで生活中。
今年こそ、開業の地をみつけたい!と思いつつ地味にいろいろ準備中。
以前のブログ
http://mitikusakorota.
at.webry.info/
も、よろしければ覘いて
みてくださいね。


閲覧累計


検索フォーム


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事


最新コメント


カテゴリ


1日1クリック!

クリックで救える命がある。

今日は朝から雨で、肌寒い一日となりました。
11月も3分の1が終わり、少しずつ大掃除に取り掛かり始めています。


ところで。
この前の木曜日のことですが、晩御飯を食べていて、うっかり魚の骨が
喉に刺さってしまいました。
気になるけれど、物凄く痛いというわけでもなかったので、少し様子を
みようと放っておいたのですが、いつまでたっても変化がなく、仕方なく
土曜日の午前中に耳鼻咽喉科へ。
病院へ行けば、ちょいちょいっと取ってくれるだろうと、簡単に考えて
いたのですが。。。
まず、口を開けて診てもらっても見つからず。
鼻から細いチューブのカメラで診てもらったところ、かなり奥の食道の
入り口のすぐ手前に刺さっていました。取るのに時間がかかる可能性が
あるので、午前中の最後にもう一度来てください、とのこと。

で。
再度病院を訪れて、吸引の麻酔を行い、いざ鉗子付きのカメラを鼻から
入れて取ることになったのですが。。。
このカメラ、ちょっとチューブが太く、結構痛い!!(胃カメラの時は
鼻に麻酔をするのに、この時は喉の麻酔のみ。。)
しかも、いざ取ろうという時に、カメラのチューブの先っぽから出てくる
はずの鉗子が出てこないというアクシデント!!!

仕方なく喉の麻酔を追加し、口を大きく開けて取ろうと試みたけれど、
ツラいばっかりで、全然届かず。。。
先生が鉗子付きカメラの様子をよーーーく確認したところ、どうも劣化
した部品の一部が詰まっていたらしく、それを取り除いて消毒し、
なんとか使えるようになりました。
そして再び、鼻からカメラを入れて。。。
取ったと思ったけれど鉗子の先に骨は無く。けれど、カメラで確認したら
骨は無くなっていました。

待ってる間や治療の最中に、やたらと看護師さんや先生に謝られ、怒る
気にもなれず(というか、その気力もなく)、結果的には治療費は
請求されず骨も無事に(?)取れて、いいんだか悪いんだかよく分からない
状態で、家に帰りました。
ただ、かなーーーり辛かったので、これからは魚を食べる時、細心の注意を
払おう!!!と、心に固く固く誓ったのでした。(>_<。)

あ、そうそう。
よく聞く「ごはんを噛まずに飲み込む」という方法は、ネットで調べたところ、
刺さり方によっては、より深く刺さってしまうので、やめた方がいいそう
ですよ。^^

関連記事

コメント

大変でしたね~~

魚の骨でつらい思いをされて大変でしたね。
ケロ太さん、さらっと書いていらっしゃるけれど
実際は本当につらかったことでしょう。

最近は魚の骨もあまりよく見ずに
無防備に食べていたような気がします。

ケロ太さんの記事を読んで
改めて気を付けないといけないなと
思いました。
2013-11-11 08:01 | こむぎ #- URL [ 編集 ]

*こむぎさん*

私も、魚の骨に関しては今まで大して気にせずに食べて
いたのですが、今回のことで用心するようになりました。^^;
経鼻胃カメラを何度も経験していますが、それ以上の
つらさでした!(苦しくて涙が出るほど。。)
今回ほど奥の方に刺さるのは珍しいらしく、自業自得と
言えばそれまでなのですが、まさかこんな目に逢うなんて。。。
こむぎさんも、くれぐれもお気を付け下さいね。
2013-11-11 21:11 | ケロ太 #- URL [ 編集 ]

大変でしたね。骨がのどにささると、あの異物感はがまんできません。よく我慢なさったと思います。お医者様の必死だった様子もよく伝わってきましたが、患者さんの方はたまりませんね。食道にささったとなると、もう耳鼻咽喉科の領域ではないのかも知れません。
鯛の骨など、胃の壁にささることもあるそうです。私も魚を食べるときは注意することにします。
2013-11-12 11:23 | エフ・エム #VA0ML.Zc URL [ 編集 ]

*エフ・エムさん*

本当に、お医者様の焦る気持ちがこちらまで伝わってきて
苦しいのもあり責めることはできませんでした。
食道の手前で、本当にギリギリの位置だったので、余計に
大変だったようです。
胃の壁にまで刺さることがあるとは知りませんでした。
猫が骨など気にせずに(?)バリバリと食べているのを
見て、それほど気にしなくても大丈夫なのではないかと
思っていましたが、そういうわけにはいかないのですね。
今後は気をつけたいと思います。
2013-11-15 23:37 | ケロ太 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerokeropikki.blog.fc2.com/tb.php/340-613dc535

 | ホーム |