いらっしゃいませ♪

人気ブログランキングへ

自己紹介

ケロ太

Author:ケロ太
2014年の春、本州の真ん中から北の大地へ。
会社員の妻から自営業に!の、予定。。。
とりあえずパートやバイトで生活中。
今年こそ、開業の地をみつけたい!と思いつつ地味にいろいろ準備中。
以前のブログ
http://mitikusakorota.
at.webry.info/
も、よろしければ覘いて
みてくださいね。


閲覧累計


検索フォーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


最新コメント


カテゴリ


1日1クリック!

クリックで救える命がある。

すっかり梅雨のような北海道です。
晴れると強い日差しで暑くて、雨や曇りがちの日は
ちょっと肌寒いくらいで体調のコントロールが難しく、
だからなのか、身の回りにも風邪をひく人がちょこちょこ
います。暑いのは好きじゃないけど、もう少し夏らしい
気候になってほしいな。。。


ところで、数日前に夫と夫の職場の子の3人で浮島湿原へ
行ってきました。
この日もスッキリ青空!とはいかず。
けど、景色は美しく楽しい時間でしたー。
20160624224759f8c.jpg


この後、帰り道で日帰り温泉に寄って汗を流し、一旦自宅に
戻って荷物を積み、すぐに隣町のキャンプ場へ。
翌日は昼頃に自宅に戻り、荷物を入れ替えて畑へ。。。
遊びも仕事も盛り沢山で、楽しいながらもお疲れモードの
週末です。^_^;



人気ブログランキングへ
*ポチッとしていただけると嬉しいです。(^∇^)


チセヌプリ!

なんだかすっきりしない天気が多い今日この頃。
今日も夫の職場の子達と湿原へ、と思っていたのですが、
今にも雨が降り出しそうで延期となりました。
つい数日前、ミラーレス一眼のマクロレンズを購入した
ので、それを使ってみたかったこともあり残念。。。(._.)

ところで。
つい数日前も山へ行ってきました。
ニセコ方面にあるチセヌプリという山。
ずーーーーーっと以前に、夫と行った神仙沼という所から
入っていくルートで、湿地の花も楽しみつつ登山も楽しむ
という魅力的なコース。
しかし。
車での移動中も辺りは濃霧で、車の運転もしづらいくらい。
到着後も霧が凄くて歩くのを躊躇しましたが、行けるとこまで
行ってみようということに。
神仙沼も白っぽい風景が広がっていましたが、可愛い花に
癒されました。
20160614102334897.jpg
*チングルマがたくさん!ピンク色の花はショウジョウバカマ

花の写真を撮りながらゆっくりめに進んで行ったのですが、
1.5kmくらい行った所の道が水没していて泣く泣く後戻り。(T_T)
あまりにも消化不良なので、行き先を変えてみようということに
なり、とりあえず車で南下。
登る予定だったチセヌプリの反対側の登り口付近を通って
みると。。。
20160614102336a0f.jpg
綺麗な青空!(✽ ゚д゚ ✽)
これは登るしかない!!ということで、ルート変更して
登ってきました。
結構な急斜面のところもありましたが、こちら側も花が
多く、楽しく登ることができました。

初めて見るスミレ。
20160614102339f7b.jpg
フギレオオバキスミレというのだそうです。

シラネアオイも花盛りでした。
20160614102337f63.jpg
この他にもいろんな花に出逢えました♪♪

でもやっぱり頂上に着いた頃には霧がかかってしまい、
眼科の景色は楽しめず。
ま、登る途中では十分楽しめたし、一応目的地には到達
できたので、沼側からの登頂はまた今度のお楽しみという
ことに。(^_^)
今回、ニセコエリアにも良さそうな山がいくつかあることが
分かったので、ぜひまた訪れてみたいと思います。




人気ブログランキングへ
*ポチッとしていただけると嬉しいです。(^∇^)

気が付けば、もう6月ですね。
ほんっと、早いです。^_^;
そして、やっと登山シーズンの始まりです。
とは言っても、まだまだ高い山は雪が残っている
ところも多いので、標高が低めで南の方の山へ
行ってきました。
襟裳岬の、もうちょっと北西にあるアポイ岳。
標高は810m。けど、海の近くなので標高差で
考えると、ぼちぼちな高さです。
天気は快晴。
写真を撮りながら、スローペースで上へ上へ。
2016060222424020f.jpg
くっきりな赤?ピンク?のヤマツツジ。

20160602224225181.jpg
花と葉っぱの色が独特の淡さで心惹かれる
ヒロハヘビノボラズ。

201606022242276b1.jpg
5合目から臨む山頂。
いつも山に登る前は、本当にあそこまで行けるのか?と
半信半疑になります(笑)。

20160602224228eed.jpg
無事に山頂に着いて、軽く食事をしてから下山。
写真の真ん中辺りに見える、薄っすらと茶色い
線が、登山道。あそこを歩いてきたんだと思うと
結構感慨深いです。(^_^)

下山の終盤に、鹿に会ったりクマゲラを見たり
(ずっと会いたかった鳥だったので感激!)と
最後まで楽しくて大満足な山登りとなりました。

今月もまた、別の山に行く予定♪♪
まだまだ初心者なので、無理せずのんびり行ける
ところにしようと思います。
どうか、お天気に恵まれますように☆



人気ブログランキングへ
*ポチッとしていただけると嬉しいです。(^∇^)


摩周ブルー♪

台風接近で、荒模様の一日。
私の住む地域は、風が強めながらも被害が出る程ではなく、
このまま過ぎ去ってくれることを願うばかりです。


さて。
標高の高い山はすっかり雪化粧をし、美しい姿を見せて
くれてますが、下界はもう少しの間、秋の景色を楽しめ
そうです。
今年の山歩きも、そろそろ終わりかな〜と思いつつ、
この前は標高の低い所を選んで行ってきました。
土曜日の夕方、仕事を16時半で終え、所用を済ませ、
いざ出発。目指すは弟子屈町の道の駅。
夜中に到着予定だったので、宿やキャンプ場は諦めて
車中泊。
我が家の車、一応ワゴンタイプなのでなんとかなる
だろうと思っていたら、結構手狭でした。。。
が、一番の誤算は気温!予想以上に寒くなり、途中
寒くて目が覚めました。( ̄ー ̄)
ということで、無理して寝ずに早めの起床で出発。
目的地はココ!
20151008220251b75.jpg
摩周湖!の、右側に写っている摩周岳(一番右の山です)。
あんな尖ってそうなとこ、行けるのか??と思いつつ
歩き始めます。

摩周湖を左手に見ながら気持ち良く歩きます。
最初に出てきた案内板を見て、自分が歩く距離を
知る。。。(夫は調べていたから知っていた ^^;)
2015100822121820c.jpg
片道7.2km。
意外と長いです。。。

そして、こんな感じのアップダウンを繰り返しつつ
前へ前へ。
2015100822121702b.jpg
右の、丘になってる部分にある道、分かりますか?

そして、最後は一気に斜面を登っていくと。。。
(この最後の登りがキツかった〜)
20151008221220dbc.jpg
到着!
多くの人が訪れる第一展望台の対岸側からの眺め。
摩周湖の色は今まで見てきた中で一番綺麗だった
ような気がします。
まだまだ初心者で、ペースはゆっくりだし脚は痛く
なるし。。。でも楽しいと思える自分が意外でもあり
嬉しくもあり。
けど、今シーズンはそろそろ終わりかな〜。
今から、「来年は、あそこに行きたい!」といろいろ
考えるのも楽しいシーズン終盤です。



 人気ブログランキングへ
*ポチッとしていただけると嬉しいです。(^∇^)
雨降りで肌寒い今日、本当なら山に行く予定でした。
しかし、行こうと思っていた所が先週月曜日の新聞に
「紅葉のピークは9,10日頃」と紹介されていて、急遽
予定を変更。
翌日の火曜日が夫も私も休みで、天気も良さそうだった
ので火曜日に行ってきました。
行き先はこちら。
20150913171329a76.jpg
黒岳です。
日本で一番最初に紅葉がスタートすると言われる大雪山系。
私の今までの紅葉狩り(?)の中でも最早のタイミングです。

黒岳ロープウェイからリフトを乗り継ぎ、1510mの七合目
から、標高1984.4mの山頂へ。
そこから石室を経由し、御鉢平展望台まで。
リフト降り場を8時に出発し、14時半に戻りました。
期待していた紅葉には、ちょっと早めだったけれど、
風も少なく、人も多すぎず、気持ちのいい時間が過ごせ
ました。
今回、一番鮮やかに色付いていたのがウラシマツツジ。
20150913171331694.jpg

周りの色付き加減はこんな感じ。
20150913171332c2f.jpg
チラホラと赤いところがあり、チングルマの綿毛が綺麗
でした。

今回、行きの登りでは、なかなか調子が上がらず、すぐに
息があがってしまい、帰りの下りは脚が辛くて、下りきった
時には膝がガクガク。
次の日から3日間くらいは、ふくらはぎの筋肉痛が治りません
でした。。。

けど、新聞に載った次の週末(=この週末)は、混むかも
しれないと思って、行っておいてよかった!
紅葉自体は今日の方が綺麗だったようですが、こんな雨の中を
行く気にはならないので。

今シーズン、あと1回くらいは、どこかに登りに行きたいけど、
どうかな〜?


 人気ブログランキングへ
*ポチッとしていただけると嬉しいです。(^∇^)

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»